ポイントサイトからのポイントを中継するサイトとは

有効期限が設けられているポイントサイトがあります。この有効期限というのは、サイトで貯めたポイントの有効期限であり、最後のポイント獲得から1年以内に換金をしたり、商品券などと交換をしないと有効期限切れとなり、ポイントが失効すると言うものです。これはポイントサイト毎に異なりますので、サイトに登録をした時には必ず確認をしておくべき事です。また、多くのポイントサイトが現金への換金が可能になりますが、現金の換金を行う場合は、銀行の口座が当然ながら必要になります。


この銀行口座も、普通の大手の銀行口座から、ネットの中にある銀行まで様ざまな金融機関への換金が可能になります。しかし、ポイントサイトの中には、指定銀行があり、それ以外の銀行に入金が出来ない場合や、入金が出来ても、手数料として210円も掛かるなど色々です。一番良いのは、どの銀行でも手数料ゼロで換金が可能になる事ではありますが、無料で利用しているわけですので、手数料が無料というのはあまり有りません。しかし、銀行口座を複数持つ事で柔軟性に利点が生まれてくるのです。しかしながら、ポイントサイトを利用する場合は、普通の銀行に口座を作るよりも、インターネットの中にある銀行の口座を作っておく方がメリットがあります。そのため、ポイントサイトを利用するのであれば、居インターネットの中にある銀行口座は必須と言えるのです。


中には、直接銀行口座に入金が出来ないサイトもあります。これはサイトと、銀行の間にポイントをまとめるサイトがあり、そこを中継しての換金となるものです。複数のサイトのポイントを集め、銀行に換金が出来ると言うメリットがあります。5つのサイトにあるポイントが交換可能ポイントに達した時に、それぞれのサイトのポイントが1000円分だとします。普通ならば、それぞれのサイトから銀行口座に換金したい所ですが、このようなサイトの場合は一旦中継点となるサイトにポイントを移行しなくてはならないのです。しかし、それぞれのサイトのポイントを1つにまとめる事で、5000円分のポイントがそこに集まり、更にそこから銀行に換金を行えば、手数料は僅か105円などの金額で換金が可能になるというメリットを持つサイトもあります。それぞれから銀行に換金を行えば、それぞれに手数料が掛かれば、1つあたり105円としても525円もの手数料が掛かるわけですから断然中継を行った方がお得であるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>